ised議事録

03-1211. 倫理研第3回: 共同討議 第2部(3)

E3:共同討議 第2部
(開催:2005年3月12日 国際大学GLOCOM / 議事録公開:2005年5月14日)

侵食される「私的領域」

東浩紀(以下、東):

東浩紀
東浩紀

 なるほど、問題が見えてきました。

 ここで整理しましょう。そもそも今日の議論は、北田さんが、インターネットにおいては「公共圏 public sphere」は不可能ではないか、という問題提起を行ったところから始まりました。しかし、本当に問題とすべきなのは、むしろ「私圏 private sphere」の不可能性なのはないか。インターネットにおける公共圏は、すべての私圏を取り込んでいってしまう。近代社会のマスメディアが形成する公共圏では、情報の発信側と受信側、公共空間と私的空間があるていど区別されていた。しかし、だれもがいつでも情報の発信者になれる、裏返せばだれでもいつでも覗かれるCMCの世界では、私的空間が公的空間に飲み込まれてしまう。北田さんの問題提起は、このように裏返したほうがいいのかもしれません。

北田暁大(以下、北田):

 公的なものと私的なものの境界線が曖昧になってきたというのは理念のレベルでは実際よくいわれることですが、いまや身も蓋もない物理的環境、アーキテクチャの次元によって曖昧にならざるをえない状況になっている。そうしたなかで、リスキーと解釈されたあらゆる行為が、「君は私事だと思っているようだが、これは公の場でなされた反社会的な行為だから罰するよ」という論理に晒されうるようになっている、というご指摘ですよね。

東:

 そもそも反社会的行為とはなにかといえば、それが社会的効果をもつからこそ反社会的とみなされうるわけです。だからこそ、私的な空間で、あるいは自分の内面でいくら反社会的行為を妄想していたとしても、それは「反社会的」ということにはならなかった。しかし、情報社会ではこの区別がきわめてあいまいになっている。それゆえ、いまは「反社会的なもの」のカテゴリーに入れられるものが急速に増えている。長期的には、いままでのような社会性/反社会性の区別そのものが無効になっていくのかもしれません。

石橋啓一郎(以下、石橋):

 今日の北田さんのお話であれば、コンテクストが変わってしまうという問題ですよね。つまりプライベートなコンテクストというのがいままではあった。しかし、それがパブリックなコンテクストに引きずり出されてしまう、あるいは、一部だけが切り取られてしまう。いままで例えば公人である政治家はこの問題を引き受けていたわけですけど、それが一個人にも起こるようになってしまうだろうというわけですね。

鈴木謙介(以下、鈴木謙):

 総芸能人化、ということでしょうかね(笑)。

高木浩光

 ブログは基本的に、みんなそれを覚悟してやっているはずだと思うんですよね。トラックバックなどの仕組みがありますから。ただ、ブログが登場するずっと以前であれば、こっそりとひそかに自分のホームページを作って、リンクにしても、「なんとなく小さくやってきたので、無断リンクしないでくれ」という慣習もありましたが、ほとんど消えてしまった印象がありますね。

東:

 検索エンジンの登場がすべてを変えましたね。

加野瀬未友(以下、加野瀬):

 検索エンジンに引っかかる限り、それは公共だろう、ということになってしまった。

鈴木謙:

鈴木謙介
鈴木謙介

 すべてが検索エンジンに引っかけられるという欲望と、高木さんのいう無断リンク禁止の欲望とがせめぎあっているんだと思うんですよ。後者はつまり、ホームページ、つまりネット上に「私のホーム領域」を仮想的につくって、そのホーム領域を守りたいという欲望です。それは無断リンク禁止でもいいし、あるいは、なにかまずいことが起きたらすぐにホームページを閉鎖することでもいい。実際のところ、閉鎖を幾度も繰り返しているテキストサイトの管理人は大勢います。そうした自分の情報は自分で自由にコントロールしたいという欲望と、検索エンジンのようになんでもトレースするシステムとが、ネット上では常にせめぎあっている状況だと思うんですよ。

 だから、高木さんは「覚悟しているはずだ」とおっしゃいましたが、そうは思わないんです。むしろ、自分のホームなんだから、全部消してしまえばなんとかなると考えているはずです。少なくとも、永久にブログがパブリッシュされたまま残るということになればおそらく誰もブログは書けないと思うんですね。

 この文脈でいえば、「儀礼的無関心*1の論争とは要するに「世の中には携帯電話に書くつもりで、フローなメッセージをブログに書く奴だっている」*2ということを承認するかどうかをめぐる論争だったと思います。つまり、「ネットは全部パブリックだから覚悟せよ」として、儀礼的無関心を不要とする立場と、「いや本人の意図はプライベートのはずだから」無関心を装ってそっとするべきだ、という立場の論争ですね。

東:

 となると、新しい公共性の外延はGoogleBotが決める、と(笑)。

石橋:

 もちろん技術的にはいろいろな方法がありますよね。mixiというのは、まさしくプライベートなコンテクストを守るための道具として普及していると思いますし。

東:

 私的領域はBotを弾いてくれるものだということか。

鈴木謙:

 ただ、私的領域も多元的になっていると思うんですよ。SNSの「livedoor フレンドパーク」のように、友達をグループ分けしたいというニーズもある。それはプライベートとパブリックを分けるというよりも、多元主義的コミュニタリアニズム状況のなかで、あくまで自分から見た場合のパブリックとプライベートの境界線のコントローラビリティを高めたいという話です。社会全体としてどこがパブリックになるという話ではない。

北田:

北田暁大
北田暁大

 遡及的に物語を捏造しますが(笑)、私の発表の意図としては、「公的な領域と私的な領域はきちっと分けられるから、公的な領域に関してはリベラリズムで扱い、あとは放っておこう」というものではないんですね。最後に話したアリーナの多元化という話をしましたが、それはまさに公私の境界線が多元化するという事態に照準したものです。これまでの議論の流れを受けていえば、mixiだってけっして「行為空間の私性」を保証するものとはいえない。むしろ、鈴木さんがおっしゃるように、私的空間が不可能になっていく状況の中で、「私的/公的の区別をコントロールしたい」というユーザーの欲望に形を与えたものといえるでしょう。だから、「退却」とはいっても、事実パブリックな空間から退却しえたのかどうかということよりは、「退却」したとユーザーが思い込めることのほうが重要なわけです。私はmixiについてはあまり詳しくないのですが、ハードに使ってると大変なんでしょう?

鈴木謙:

 大変ですね(笑)。アカウントを消してはまた入って、ということを繰り返している人が沢山いて、「mixiリセット」といわれています(笑)。

北田:

 つまり、こういうことです。社会性という言葉で表現すべきどうかかわからないですけれども、行為連鎖に不可避的にときまとう「行為の意図せざる結果」の発生、それによるディスコミュニケーション的状況というのは、mixiにおいても回避することはできない。逆に「ここには分かり合える奴だけしかいないはずなのに」という親密性の前提が、そうした社会性をかえって浮上させてしまうこともある、と。どれだけSNSがパブリックな行為空間からの「退避」先として機能したとしても、結局はそこに社会性が生まれ、また再び「退却」する場所が求められていく。どこまでいっても、社会性が消えさるということはない。

東:

 たしかにそれは消えないと思うんだけれども、その消えない部分が具体的にはどう決まるのかが問題でしょう。つまり、社会性の部分をどこまで拡大させるのか、その決定はあると思う。私的空間を複数のアリーナに分けることができたとして、mixiに「中国大使館を爆破するぞ」と書いても捕まらないけれども、2ちゃんねるに書くと捕まるというコンセンサスができるのであれば、公と私の区別がネット上に再出現することになるのかもしれない。ただ、いまの世の中を見るとそうならない可能性のほうが強いですよね。mixiであってもそれは許されない方向へ向かう気がする。だとすれば、すべてが公共空間になってしまう。

辻大介(以下、辻):

 くわえて、仮にmixiはクローズドで私的な場というコンセンサスができたとしても、その書き込みをマイミクに登録していた誰かがオープンなブログのほうに転載して、「こいつはどうも本気らしいぜ」と言ったとしたらどうなるか、という問題もあるんじゃないでしょうか。

鈴木謙:

 高木さんのいう「引っ張りあげちゃった問題」ですね。

辻:

辻大介
辻大介

 CMCではなにが公的で私的なのかというコンテクストが非常に不確定的ですから、反社会的な行為であるのかどうかという定義自体も、その場その場でoccasionalに決めていかねばならないわけですよね。これは現実問題としてものすごく煩瑣なことになってしまって、対処不可能になると思います。

 それでは、あらかじめアーキテクチャで管理してしまおうという道筋もありうるでしょう。たとえば反社会的な書き込み自体が不可能なようにコントロールしてしまう、と。しかしリベラリズムの理念をアーキテクチャ設計の際に採用するのだとすれば、あらかじめそうした排除を組み込むのはまずいわけです。ではどうするのか。

東:

 反社会的なNGワードをいくら設定してみても、コンテクストが変わってしまえばなんとでもなってしまうわけですからね。

加野瀬

 実際、「氏ね」といった言葉は、まさにNGワード対策として生まれた単語ですよね。

鈴木謙:

 対処しきれなくなる問題ということでいえば、実際2ちゃんねるは結局そうなったんですよ。爆破予告や犯罪予告が大量に増えた時期があって、ひろゆきが言っていた話ですが、警察から毎日のように問い合わせが来てしまい、対応しきれなくなったんだそうです。今はIPアドレスを警察に提供することにしているわけですが、なにが一番困るかというと、そういう書き込みをするのはリアル中学生だったりするわけです。自分は捕まらないと思ってガンガン書き込んで、祭りになったら「俺有名になったぜ!」とクラスの友達に自慢したりする(笑)。クラスのなかで目立ちたいという、小さな領域での動機で、彼らはパブリックな掲示場に書き込んでいる、と。

 いままでは地理的な限定がありましたから、たとえば教室のなかでそういうことをやったら先生がゲンコツをすれば済んでいた。しかし、いまや社会システム全体としてこうした行為を監視せざるをえなくなっている。CMCは空間的・時間的な限定性を解除するがゆえに、社会全体で対応しなければいけなくなってしまうわけです。



*1:註:はてなダイアリーキーワード儀礼的無関心」参照のこと。「儀礼的無関心」とは、社会学者ゴフマンが提示した概念で、都市空間で「あえて互いに見ないフリをする」ような慣習をいう。転じて、ブログ同士で「あえてリンク」しない作法としてこの「儀礼的無関心」が提案され(TRiCK FiSH blog: ネットでの儀礼的無関心の可能性)、論争を呼んだ。

*2:註:鈴木謙介による「儀礼的無関心」問題についての記述は以下を参照のこと。→SOUL for SALE - 「ホーム」ページという快楽

トラックバック - http://ised-glocom.g.hatena.ne.jp/ised/05110312