ised議事録

01-143.設計研第7回:鈴木健 講演(3)

題目:「なめらかな社会の距離設計」

設計研第7回:なめらかな社会の距離設計

4. なめらかな貨幣

 次に「なめらかな」貨幣として、僕が5年ほど前から開発してきた、「PICSY」という新しい貨幣システムについて紹介したいと思います。

 PICSYとは“Propagational Investment Currency System”から取った略語で、「伝播投資貨幣システム」という意味です。これに対立するものとして、“SECSY(Settlement Currency System)”という言葉をつくったのですが、これは要するに「決済貨幣」のことです。決済とはすなわち貸借関係を解消することで、決済貨幣をやり取りすることは「関係を切る」ことを意味しています。しかし、PICSYは「関係をつくる」貨幣です。

 どういうことか、医者と患者の関係を描いた4コマ漫画を使って、SECSYとPICSYを比較してみます。まずSECSYの社会から見ていきましょう(図:SECSY)。左が悪いお医者さんで、右が良いお医者さんです。悪いお医者さんは、どんどん患者に薬を飲ませてお金を得ようとします。治らないほうがかえって儲かってしまうわけです。良いお医者さんは患者さんをすぐに治してしまうのですが、こうすると経営は難しくなってしまう。SECSYを用いる社会では、こうした不公正な状況が生じてしまうわけです。

図:SECSY
図:SECSY

 それではPICSYを使うとどうなるでしょうか。PICSYでは、患者さんの収入が、お医者さんに伝播して戻ってきます。ですので、良いお医者さんが患者さんをすぐに治療すると、その元気になった患者さんはすぐに稼ぎを持つようになるので、お医者さんの収入は増大します。悪いお医者さんは、患者さんをいつまでもベッドに縛り付けてしまうので、患者さんは稼ぎを得ることができません。すると悪いお医者さんには患者さんからのリターンが入らないので、病院の経営は悪化してしまいます。このように、PICSYは貨幣のやり取りによって価値を伝播させること(関係を継続すること)で、SECSYの社会に生じてしまう不公正を改善できるわけです。

図:PICSY
図:PICSY

 「価値を伝播させる」といいましたが、これは果たしてどのように実装されているのでしょうか(図:PICSY の基本的な仕組み)。PICSYの考える公正さとは、「貢献度に応じて購買力を与える」というように表現されます。つまり、まず社会全体への貢献度を計算し、次に貢献度に応じて購買力を与えるという手順を踏みます。具体的にはこうです。AはBから0.2という価格で取引をして、さらにBはCから0.3という価格で取引をした場合、CからAに対する価値の伝播の度合いは、この三者間の価格を掛け算した値によって算出すれば価値が計算できる気がしますよね。これは単なる掛け算ですので、いくらでもその範囲を広げることはできます。ただし、その関係がループしたらどうなるのか。あるいは100万人といった規模になったら計算できるのか、という問題があります。こういった問題を数学的に解決するために、PICSYでは行列計算という手法を採用しています。この行列は、AさんがBさんにどれだけ依存しているのか、BさんはCさんにどれだけ依存しているのか、といったことを示す表になるわけです。さらにこの行列から、その人が社会全体に対しどれだけ貢献しているのか、という値を計算することができます。ちなみにこの計算手法は、皆さんもご存知のGoogleも使っているんですね。GooglePageRankページランク*1と、PICSYの計算アルゴリズムはベースレベルではほぼ同じものです。

図:PICSY の基本的な仕組み
図:PICSY の基本的な仕組み

 さて、PICSYのこの仕組みの上では、すべての取引は個人間で行われます。つまり、P2P的になります。しかし現実はそうではありません。Apple社のiPodを買ったとしても、iPodの生産には何千何万という人が関わっているわけです。そこですべての人に対し、P2P的に一人ずつ支払いをしていくのは現実的ではありません。そこで現実の社会では、iPodの購入金はAppleという会社にまとめて支払っておき、その配分は会社の内側で処理するようにしているわけです。これが会社というものの機能だといえます。これと同じものをPICSYでも実装する必要があるということで、「カンパニー」というものを導入しています。

 ただし、これは普通の貨幣システムでいうところの「会社」とは異なり、あくまで仮想的なものに留まります。PICSYのカンパニーは、ちょうど評価を分割する「フィルタ」のようなものなんですね。PICSYのカンパニーというのは、そのカンパニーに0.7という支払いがあったとき、その値を「8対2で分割する」というルールを指します。そのフィルタ自体はなんの実体も価値もありません。フィルタ以上でも以下でもないわけです。

 このように、PICSYは貨幣レベルで組織を仮想化するものです。現実の社会は決済貨幣を採用しているため、会社というのは財務諸表のレベルで離散化されています。組織の内外をステップに切り分け、組織の内側だけで最適化を施そうとする傾向があります。しかしPICSYを採用することで、会社の内側に価値が溢れていき、外側から価値が流入してくるような状況をつくることができます。つまり、組織をなめらかにすることができるわけです。

 ちなみにPICSYプロジェクトは現在13個のゴールを掲げているのですが(図:PICSYのゴール)、重要なのは上の3つか4つで、残る項目はPICSYフィージビリティを高めるための課題です。まず一番目に挙げているのは、いま先ほど説明した「組織の仮想化」です。PICSYでは、組織に蓄積されていたフローはすべて個人に伝播され、分配されます。つまりPICSYは究極的な個人主義システムであり、世界的規模の「人事評価システム」だといえます。

図:PICSYのゴール
図:PICSYのゴール

 二点目に重要なのは、「コミュニケーション力学を変える」ということです。従来の売る-買うというコミュニケーション構造においては、買い手が神様でした。貨幣を持つほうが圧倒的に強かったわけです。その一方、売り手は商品さえ売ってしまえば、買い手の効用を考慮しなくてもいいわけです。これに対して、PICSYにおいては売り手が投資家にあたります。価値が伝播するというのは、いいかえればすべてが投資になるということなんですね。というのも、PICSYでは買い手がより高い価値を生み出せば生み出すほど、自分にリターンしてくる利益も大きくなるからです。つまり商品を売り払った後も、売り手は最後まで責任を持つようになります。

 たとえばよく僕が使うのは、松井秀喜選手の例です。現在彼はメジャーリーガーとして十数億を稼いでいるわけですが、かつて彼が高校のときによく通っていたラーメン屋があるとします。ラーメン屋のおばちゃんは、松井に対してラーメンという商品を売っていた。つまり、このおばちゃんの商品は、松井の筋肉を形成するというかたちで現在の松井の活躍に貢献しているわけです。これは見方を変えれば、おばちゃんはラーメンという現物を通じて、松井に「出資」していたとみなすことができる。だとすれば、松井が現在これほど成功したのならば、ラーメン屋のおばちゃんはいくばくかのリターンを得てもいいんじゃないか。PICSYを導入するということは、このようにコミュニケーションを変えるということなんですね。こうしたPICSYの特性によって、SECSYよりも効果的に経済倫理を下支えすることができるのではないかと考えています。


図:PICSYプロジェクト ロードマップ
図:PICSYプロジェクト ロードマップ

 PICSYの最終的な目標は、200年300年かけて国家通貨・国際通貨に採用されるというものです(図:PICSYプロジェクト ロードマップ)。ただしいきなりそこを目指すのではなくて、短期的にはオンラインゲームの通貨や社内人事評価システムといった応用実験をしているところです。

 まずオンラインゲームの例ですが、昨年12月に、インターコミュニケーション・センターで「PICSY×gumonji」というワークショップを開催しました(図:PICSY×gumonji in ICC*2gumonjiというのはいわば地球シミュレーターゲームで、その仮想世界には複数の国が存在し、それぞれ「水資源しか持たない国」「森しか持たない国」といった特徴を持っています。資源を組み合わせないとなにも起きないので、国どうしで貿易をして活発に取引する必要があります。これをPICSYで行った場合と、そうでない場合を比較するという実験を行っています。


図:PICSY×gumonji in ICC
図:PICSY×gumonji in ICC

 次に後者の社内人事評価の実験ですが、PICSYプロジェクト内でも行ってみたところ、「納得感はある」という声が出ています。ただ一方で、「お互いがお互いを評価するのは過酷だ」という意見もありました。実は株式会社はてなでもPICSYを実験的に採用してもらっているので、今日はこのあと近藤さんからお話を聞けると思います。僕としては、社内の人事評価に留まらず、縦割りの組織を超えて貢献が流通していけばいいと思います。さらに将来的には、会社をまたがるプロジェクトの評価システムとして使えるようにしていきたいですね。

トラックバック - http://ised-glocom.g.hatena.ne.jp/ised/13030114