ised議事録

12-12設計研第1回:議事録

D01
(開催:2004年12月12日 国際大学GLOCOM/ 議事録公開:2005年2月11日)

講演資料

(資料閲覧のためにはADOBE READERが必要です。)

概要

 設計研第1回は、情報社会における組織原理と社会秩序をめぐる議論である。

 まず石橋啓一郎による講演は、情報社会を支えるインターネットの歴史を検討しながら、情報社会におけるアーキテクチャの設計には「設計者の場の設計」が重要ではないかと論じる。

 続く共同討議では、経済学や工学、複雑系やシステム論などの教養を備えた論者たちによって、情報社会の組織ガバナンスをめぐる議論が展開される。第1部では具体的なケースの検討が中心。まず全体最適部分最適という軸をめぐって、EAエンタープライズ・アーキテクチャ)と呼ばれる組織マネジメントの方法論と、Linuxオープンソースの比較検討を行い、次に、巨大なネットコミュニティとして成長した、はてなの今後のガバナンスの方向性について議論する。

 続く第2部では、抽象度を上昇させた議論へと移行。まず倫理研第1回で摘出された「脱社会性」の問題を引き継ぎ、問題発見や新しいアイディアといったものが生み出される社会的フェイズについての問いが提出される。続いて情報社会の段階史的な整理と、無限のメタ化という情報社会の本質が摘出され、今後の情報社会における新しい社会契約論の「設計(実装)」が提案される。同時に、その部分最適型の社会秩序モデルに対する、思想史的な検討が加えられる。

 

hazumahazuma2005/02/22 14:35東浩紀です。
上記の不備、申しわけありませんでした……。
あらためて、第2回議事録の感想は、この下に書き込んでくれれば幸いです。
この回は、研究会終了後、僕的には「話がまとまわなかった〜」と自己嫌悪に襲われたものです。しかし、こうしてみると多彩な議論が展開されていて意外と読み応えがありますね。ここで八田さんが述べている「メタライセンスとしてのオープンソース」の話は、次回の講演でさらに展開され、倫理研と設計研を貫くisedのキーワードになりつつあります。

トラックバック - http://ised-glocom.g.hatena.ne.jp/ised/20041212