ised議事録

01-08倫理研第2回:議事録

E2
(開催:2005年1月8日 国際大学GLOCOM / 議事録公開:2005年3月12日)

講演資料

(資料閲覧のためにはADOBE READERが必要です。)

概要

 倫理研第2回のテーマは、情報社会における法(学)がどう変わるべきか、そして環境管理型権力をどうコントロールすべきか、についてである。

 白田秀彰による講演「情報時代の保守主義と法律家の役割」は、情報社会における法の原理的な問題点を摘出し、それに対する新しい法学のあり方を提案するものである。第1部では、導入として既存の「情報社会と法」をめぐる議論が整理された上で、続く第2部は法の基礎構造を確認しながら、情報社会とは法を支えてきた常識(コモンセンス)を形成してきたフィードバック回路を、「開放系」として解き放ってしまうものだと指摘。同時に市場経済の暴走と民主主義の機能不全を問題とする。こうした原理的問題に対して、第3部では「保守主義」の次のようなあり方が提案される。これまでの法が目的としていた「価値」を伝統を遡って再抽出し、情報時代という新しい環境においてその価値を実現できるよう法律を再プログラミングすべし、と。

 続く共同討議第1部では、不正アクセス防止法やNAVERブログクリエイティブ・コモンズなどのケースを検討しつつ、東浩紀の「ポストモダンの二層構造」モデルを参照しながら、白田の提起した「開放系としての情報社会」を「個人化」や「国家の唯一性の崩壊」の問題として変奏し、「伝統的価値の遡及」という提案を「情報社会における法と正義」をめぐる問題として文脈づけていく。

 さらに第2部では、情報社会という「開放系」を収束させる新たなフィードバック・サーキットについて模索するなかで、一般にそうした役割を期待される地域共同体や身体性の強化という方法の罠や、その非妥当性を示唆する。また最後には「情報社会における、よりよき環境管理型権力とはいかなるものか」という問いを投げかけつつ、「多様性の確保」といった理念的価値が提案される。また今回は共同討議に数多くのオブザーバーと活発に意見が交わされ、法の抵触、伝統主義のリスク、経済的繁栄という/から離脱する「理念」といった問題や、貨幣をめぐる設計研との架橋的な議論などが行われる。

(*2005.2.22 【お詫び】ised.glocom.jpへのURL転送を行っていたためにコメント機能に不備があったことが判明しました。長期に渡り症状を放置してしまい、誠に申し訳ございません。 →続報:コメント欄について

 *2005.2.23 上記のコメントに関する問題は解決されました。)

トラックバック - http://ised-glocom.g.hatena.ne.jp/ised/20050108