バザール型開発

バザール型開発

 オープンソースを提唱したエリック・レイモンドが、論文「伽藍とバザール」のなかで、Linuxのソフトウェア開発方式が優れていることを表すために採用したメタファー。

→詳細はisedキーワード「伽藍とバザール」参照のこと。