フォーク

フォーク

 フォーク Forkとは、分派・分岐・枝分かれの意で、オープンソース開発のプロジェクトが分派することを言い表す。

 

 具体的な説明については、設計研第2回での八田真行の講演を参照のこと。そして八田はこのフォークという「積極的な退出」が、OSDでは一方的にライセンスを変更・破棄することはできないというかたちで認められていることを指摘する(もちろん、通常は失うものも多いために推奨されるものではないのだが)。そしてこのフォークの可能性を想定することと、プロジェクトの所有形態とがプロジェクトリーダーのインセンティブに働きかけ、オープンソース型開発の多くが「優しい独裁」というガバナンス形態を取るようになると論じている。

* はてなダイアリーキーワード:フォーク