ライフログ

ライフログ

 鈴木健が、Web 2.0*1の議論を拡張しつつ展開した、「Web 4.0」の時代における個人情報の運用予想図のこと。

図:4つのWebとデータの場所
図:4つのWebとデータの場所

鈴木健

 とはいえ、そこで黙っていないのが世の中のハッカーです。セキュリティの問題も考えて、Web 3.0におけるデータの集中状況を遍在させる環境は可能ではないか、と考えるはずです。ここからWeb 4.0の時代になるのですが、そこでのデータ・プラットフォームはおそらくブログになると考えられます。いまブログには文章だけでなく、ありとあらゆる自分の情報を投稿するようになっています。ブログは「ライフログ(Lifelog)」化していくのではないか、と僕は予想している。すべての生活情報・個人情報を記録するライフログは、各人のブログ上に分散化されて管理されます。ただし、自分でサーバーを管理していくのはさすがに難しいので、これを管理してくれるベンダーと契約するようになるでしょう。そしてライフログ同士が連携をすることによって、Web 3.0のときと同じサービスが提供できればいいわけです。

 そうなると、おそらく検索のアーキテクチャが全部変わることになります。これまでのRDB(リレーショナル・データベース)と同じようなやり方では、おそらく性能が出ない。そこで分散検索や分散与信のようなものができる。またブログに保存された個人情報に対して、自分でセキュリティ権限を設定して、公開範囲を設定すればいいわけです。「あるアプリケーションはアクセスできる/できない」「誰々は閲覧可能/不可能」というように設定すればいいということです。これを細かく設定するのは面倒くさいので、おそらく「適当に設定しておく」といったモードができて、便利になっていくことでしょう。このように、Web 4.0の時代には、「個人情報保護産業」のようなものがブログの上に乗っかってくると思われます。

自己情報コントロール権としてのプライバシー/身体の自己所有のリバタリアン

 この「すべての生活情報・個人情報を記録するライフログは、各人のブログ上に分散化されて管理され」るというモデルは、プライバシーを自己情報コントロール権とみなす立場の究極のかたちでもあり、同時に、身体の自己所有(権限理論)を理論的下敷きとする、(サイバー)リバタリアンの究極の夢であると指摘された。(isedキーワードプライバシー」「サイバーリバタリアン」参照のこと。)

東浩紀

(中略)個人情報をライフログ・サーバーに入れて、その運用が人生全体の資産価値を決定していく世界は、リバタリアンの夢としてあると思いますね。

(中略) ライフログの発想は、社会思想の言葉でいえば、ノージックの「権原理論」*2のスーパーハイパーバージョンですね。

北田:

 そのスーパーハイパーバージョンは、リバタリアンも突き抜けて、リベラリズム的な思考一般を否定する方向に向かう。

 

ライフログ(Lifelog)

 ここでいう「ライフログ(Lifelog)」とは、ユビキタスコンピューティングの文脈で様々なプレイヤーが取り組んでいる、生活情報の記録に基づく仕組みやサービスを広く指す言葉である。

関連

鈴木健のブログでWeb 4.0 について論じられている。

*1:Web 2.0については、「[特集] Web 2.0ってなんだ? - CNET Japan」などの解説を参照のこと

*2:註:「権限(entitlement)」とは、私的所有の理論的根拠のこと。ロバート・ノージックは、リバタリアニズム思想を論じた主著『アナーキー・国家・ユートピア』(木鐸社、1995年 asin:4833221705)で、正義の「権原理論」を展開する。これはロールズ的な格差原理、再配分の正義に対する批判として提出されており、財産獲得の正当性の根拠について、自己の労働と、他者からの双方の合意に基づく随意的な移転によってのみ行われる、とするもの。G. A. コーエンは、こうしたノージックの議論を、ロックのように身体と能力の私的所有に正当性の根拠を置く、「自己所有権」の立場とみなした。そして鈴木健の論じる「ライフログ」は、自己に関する情報をすべて自己が所有しコントロールするという発想であり、これはまさに「身体の自己所有」を超えたバージョンである。またこの権原(entitlement)は、ドゥルーズの管理権力論や、「資格付与カード」(entitlement card)などと比較できる。詳細は東浩紀情報自由論」を参照のこと。→「波状言論>情報自由論>第7回」

*3:インターコミュニケーションNo.55(NTT出版)に掲載れた論考

* はてなダイアリーキーワード:ライフログ