沈黙の螺旋

沈黙の螺旋

 ノエル・ノイマン『沈黙の螺旋理論――世論形成過程の社会心理学』(改訂版、池田謙一 訳、ブレーン出版、1997年)にて提示されている仮説。

 個々人は、マスメディアや周囲の人間の声を通じて意見の分布や世論の動きを敏感に意識しており、さらに何よりも自分の意見が孤立化することへの恐怖感をもっている。すると、少数派は孤立を恐れて発言を控えるようになり、一方多数派意見は積極的に発言するという螺旋的ループが発生するために、全体的な意見の分布は実際よりも多数派に偏っているように見えてしまうというもの。

 (isedキーワード「サイバーカスケード」参照のこと。)

 原著は1980年に世論研究の書として出版されており、インターネットはもちろんその時代にはなかった。

参考

* はてなダイアリーキーワード:沈黙の螺旋